半田市 ダイエット 加圧トレーニング

半田市唯一!ウエスト&ヒップ専門パーソナルトレーニングジム

有酸素運動で一番痩せられるのはどの時間帯?

 


筋トレと併せて、ランニングなどの有酸素運動も体脂肪を減らす有効な方法です。

 

筋トレと有酸素運動の両方を行う場合は、初めに筋トレをしてその後に有酸素運動すると、体脂肪が効率よくエネルギーに使われて減少します。

 

では、有酸素運動だけをする場合1日のなかでどの時間帯がベストなのでしょうか?

 

これは、食事前。

 

とくに、朝食前が有酸素運動のベストなタイミングなのです。

 

なぜかというと、夜の食事から翌日の朝食までが一番空腹時間が長いはずです。血中に残った糖質を使い切ると、体脂肪をエネルギーに使えるので朝ごはん前のランニングなどの有酸素運動がおすすめです。

 

 

Aさんの例として

体重 55kg
ランニング時間 30分
速度 時速8km
距離 4,000 m
消費カロリー 240 kcal

 

体重55kgのAさんが時速8kmのスピードで30分走ると、240kcal消費できるという計算です。

 

体脂肪1キロのカロリーは72,000kcalあるので、体脂肪1キロ減らすには72,000÷240=30。

 

つまり、このケースでは30日間毎日30分ランニングして体脂肪が1キロ減る計算になります。

 

あくまで机上の計算ですので目安としてお考え下さい。

 

この計算を見てどう思われたでしょうか?

 

僕は有酸素運動だけでは、けっこう大変だなと感じました。

 

1日4キロ、1か月で120キロ走るのは、マラソン大会に出る目標があるとかランニングを趣味にしていないと厳しいかもしれませんね。

 

 

朝食前の有酸素運動が効果的ですが、それだけでは難しそうなので食事管理も併せて行うといいでしょう。

 

ダイエットは自分に合った、長く続けられる食事や運動を見つけるのが成功の決め手です。

 

完璧でなくても失敗しても大丈夫なので、いろいろとチャレンジしてみてください!

 

 

有酸素運動で一番痩せる時間帯まとめ

 

朝ごはん前が有酸素運動のベストタイミング

 

体脂肪1キロ減らすのに月間100km以上走らないといけない

 

ダイエットは食事管理も併用するのが成功のカギ

 

 

 

 

 

 

お正月でも太らないで痩せた方法とは?

 


お正月に痩せた方法

今日はお正月明けにトレーニングに来たお客さんの体重が1キロほど減っていたので、どうやって減らしたのかご紹介したいと思います。

 

年末年始は何かとご馳走を食べる機会が増えますね。

僕も美味しいものを食べるのは好きなので、お客さんにも食べ過ぎないようにだけ気を付けて楽しんでくださいと年末にお伝えしていました。

 

おもちも食べたいですから特に糖質制限しないですし、しなくても痩せられます。

 

美味しいからと言ってたくさん食べなくても、満足できていればお腹いっぱい食べずに済みます。

量で満足するのではなくて、料理の質で満足でいればいいのではないでしょうか?

 

とはいえ、この時期に痩せるのは難しいので、体重が増えないように維持できていればOKだと思っていました。

 

 

 

ところが測定してみると、12月より1キロ余り減って今までなかった49キロ台になっていました。

見た感じも少し細く見えたので食べ過ぎないように意識していたそうです。

 

もう一つお伝えしていたのは、朝食を食べない朝断食をして脂肪を減らす方法です。慣れるまではお腹が空きますが、効果は僕も体験済みで少し前の記事にも書いています。

 

トレーニングはスクワットと軽いランニングくらいされていて、このままだと筋肉が落ちるので今日は全身の筋トレをしてもらいました。

 

お正月ダイエットのまとめ

◎量を食べ過ぎないように気を付けて、美味しいものを食べて満足する

◎朝断食の効果を体験してみる(お茶、ブラックコーヒーなど水分はOK)

◎できる範囲でトレーニングする

 

どれもストレスの少ない無理のない範囲でやれるといいですね。

ダイエット、ボディメイクも短期間では終わらないので、長く続けられて結果が出る方法を見つけてください。

 

 

【お年玉企画】今年こそ体を変えたい女性を応援します!

 


あけましておめでとうございます。

 

年の初めに今年こそ本気でダイエットして、女性らしい体型になってみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。ただ残念ながらスポーツジムに入会しても続けられて成果が出る方はほんのわずかしかいません。多くの方が1人でトレーニングのメニューやセット数、重量や回数を決めてやりきるのは初心者には難しいからです。

現状維持や運動不足解消には1人でもいいでしょうが、体を変えるには専門家の元でやるのが確実だと思います。

 

例えば下の画像の会員様は50数回のトレーニング継続で全身がキレイに引き締まりました。

 

                                                                                           

 

 

【お年玉企画】今年こそ本気でダイエット・ボディメイクしたいあなたへ

 

◆体験・カウンセリング 通常4,500円を3,500円に

◆入会されると、脂肪燃焼サプリ又はプロテイン1kgプレゼント

 

お問合せはこちらへ

年末年始ジム営業のご案内

 


今年最後は12月29日の午前まで、年始は1月3日の午後から始めます。

 

お休み期間のお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

この時期は会食を楽しみながらも、体重を増やさないようにお気を付けください。

 

体脂肪を2kg減らして、お腹をスッキリさせる方法

 


今回、自分の体を使って女性のお客さんにもできるようなダイエット方法を試してみました。

期間は約2か月で、筋肉は減らさないで体脂肪だけ減らせるようにします。

 

やることは、運動(筋トレ、スピンバイク)と食事管理(プチ朝食断食、揚げ物制限)のハイブリッドダイエットです。

 

 

脂肪を落として筋肉を維持する運動

筋トレ

筋トレは1回30分くらいを週に3回ほど。時間は短めですがセット間の休憩は短くして筋肉にしっかりと刺激を入れます。

ダイエット中は筋肉も減りやすく代謝が下がらないように筋トレが必要なのです。

腹筋もやりますが、お腹をスッキリさせるには効率がよくないので、下半身や胸・背中の大きな筋肉を使うスクワット・ラットプルダウンなどの種目をメインにします(パーソナルレッスンでも同じようにメニュー構成しています)

 

スピンバイク(HIIT)

スピンバイクとは室内で漕ぐエアロバイクのアスリート版と言えばいいのでしょうか。暗闇フィットネスでもボクシングと同じように取り入れられてますね。

筋トレが筋肉の維持と少しの脂肪燃焼を期待するのに対して、スピンバイクはカロリー消費して脂肪燃焼を期待して行います。

スピンバイクは1回30分を週に2~3回ほど行いました。HIIT(ヒット)というインターバルトレーニングで全力を出すので、汗も出るし結構な運動量があります。

 

どちらの運動もしっかりやるとキツイですが、楽なくらいでは長時間やらないと体の変化は起きません。運動の強度×頻度を高めると結果が出やすくなります。

 

脂肪を落として筋肉を維持する食事管理

プチ朝食断食(リーンゲイズダイエット)

単純に朝食は食べないで、水やお茶などカロリーのない水分はとります。もともと朝は少ししか食べていなかったですが、慣れるまでは1週間くらいお腹が空いていました。炭酸水などでやり過ごすと慣れてきます。

前日の夕食から次の日の昼食まで食べない時間を16時間(女性は14時間でもOK)空けることで、脂肪をエネルギーに使いやすくするためのプチ朝食断食方法です。

お腹の脂肪が燃えていると思えば、少しの空腹も耐えられるのではないでしょうか?

 

揚げ物制限(脂質制限)

油で揚げたものは美味しいのですが、カロリーが高くなるので控えたいですね。以前はコロッケ・とんかつ・唐揚げなど好きで食べていましたが、この期間は止めてみました。

ポテトチップスやせんべいも油で揚げたものがあるので、成分表に植物油があったら食べません。インスタントラーメンの麺も油で揚げたものはNGでノンフライを選びます。

余分な脂質は摂らないように気をつけましょう。脂質制限は糖質制限よりストレスが少なくて継続しやすいと感じますので、先ずは揚げ物制限からやってみてください。

 

 

運動も食事も一度にスタートすると挫折しやすいので、比較的やりやすい食事管理のどちらかから始めてみるのがおすすめです。

例えば、プチ朝食断食を1か月やってみて、2か月目は揚げ物制限を追加する。もし途中でキツイと感じたら元に戻したりと、あせらないで自分に合ったペースで続けてみましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

1 2 3 13