花粉症でダイエット?【花粉症対策2019年版】

こんにちは。
パーソナルトレーナー日比です。

 

 

バレンタインデーが過ぎて気候が暖かくなってきますと花粉が舞う季節がやってきますね。

 

花粉症がひどいときはクシャミが続いて、ダイエットにはよかったかもしれませんが何より疲れて仕事も捗りませんでした。

 

私もだいぶ楽にはなりましたが毎年悩まされていますので、今年の対策法をご紹介します。

 

 

 

 

 

市販の鼻炎薬

 

病院に行かなくても市販薬で症状が抑えられれば忙しくても助かります。この薬は症状が抑えれれる代わりに喉が渇くのがデメリットですが助かっています。

できるだけ使わないようにしていますが、症状が出てしまったら薬も活用しています。

 

 

鼻洗浄ボトル

 

これは今年新しく用意してみました。今までもヨガで使うネティポット(鼻洗浄器)を使っていましたが、容量が少なかったのでこれから試してみます。

 

 

べにふうき茶

 

これも今年から用意した、機能成分「メチル化カテキン」を豊富に含有したお茶です。

メチル化カテキンとは、緑茶に含まれる「エピガロカテキンガレード」がメチルエーテル化したカテキンです。

 

このメチル化カテキンが免疫グロブリンEの作用を抑える働きがあるので飲んでみようと思います。(少し苦いらしい)

 

 

ビタミンDとマグネシウム

 

ビタミンDは「花粉症は1週間で治る!」という本でも紹介されていたのでサプリメントで1月から摂取しています。

 

秋冬は日光に当たる時間も少なくなるので気にしたい栄養素です。骨を強くするのもカルシウムだけでなくタンパク質やビタミンDが必要です。

 

ビタミンDにはビタミンB1ろ同じように糖の代謝を助ける働きもあるので、ダイエットやボディメイクに必要な栄養素ですね。

 

 

マグネシウムはヒスタミンを抑える作用があります。あと、足が攣るなどの筋肉のケイレンもマグネシウム不足が考えられます。

 

トレーニングをするなら摂っておきたい栄養素です。食品では海藻類などからで、サプリメントで一度にとるとお腹がゆるくなることがあるので少量から試すといいでしょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

他にも、ビフィズス菌やキムチなどの乳酸菌で腸内環境を整えるのも定番ですね。

 

できれば薬を使わないで改善できるのがベストなので、毎年あれこれと試行しています。

 

 

この結果はシーズン終わりごろにする予定です。

 

花粉症の方はこれからつらい季節ですが、一緒に乗り切っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 美肌・体の不調には鉄とタンパク質を摂ろう

  2. 卵は1日に何個まで食べても大丈夫ですか?

  3. 冬のトレーニングはメリットたくさん!冷え・肩こり・美肌・冬季…

  4. ダイエット鍋のしめにおすすめは?

  5. ミトコンドリアを増やすスルメを食べよう【代謝アップ】

  6. ビタミンDが免疫と骨を守るのは本当なのか?

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら

  1. 2022.09.16

    【40代女性】体重は同じなのにデニムのウエストがきつくな…

  2. 2022.09.08

    【運動療法】膝の痛みが消えました!【50代女性】

  3. 2022.09.02

    自宅でもできるヒップトレーニング

  4. 2022.08.19

    食べなければ痩せると思っていませんか?

  5. 2022.08.17

    岐阜モネの池に行きました【自転車ライド】