丸いお尻をつくるスクワットは手の位置はどこがベスト?

こんにちは、半田市のウエスト&ヒップ引き締めパーソナルトレーナー日比です。

 

今回は、自重スクワットをするときの手の位置はどこにするのがベストなのかお話しします。

 

 

 

スクワットは下半身のお尻や太ももの筋肉を使ってダイエットだけでなく、引き締まったお尻やくびれたウエストをつくる、ボディメイクには欠かせないトレーニングです。

 

 

自重でスクワットをする場合に手の位置は

 

1.頭の後ろで手を組む

 

2.胸の前で手をクロス

 

3.前に手を伸ばす

 

以上の3つの方法があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のように頭の後ろで手を組むと、後ろ側に重心がかかって膝が前に出やすくなります。

 

膝や太ももに負担がかかるのでおすすめしません。

 

 

スクワットしたときに膝が前に出ないためには、手を前に伸ばせば良いわけです。

 

手を前にすればバランスがとれて深くスクワットできます。

 

 

深いスクワットはお尻に効かせる理想的なトレーニングです

 

もし五十肩などで肩が痛い方は、手を胸の前でクロスしてやってみてください。肩に負担がなくできますよ。

 

                                                                      

 

下の写真はバーベルで負荷をかけたスクワットトレーニングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ず自重でスクワットのフォームを練習して、お尻に効かせられるようになってから負荷をかけて効果的にトレーニングをしていきます。

 

スクワットはお尻や下半身だけでなく、バランスをとるために背筋や体幹も使う全身のトレーニングです。

 

しっかりやるときつい種目ですが、短時間で引き締まったきれいなボディラインをつくることができます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はスクワットするときは手は前に伸ばすと深くしゃがめてお尻に効きます、というお話でした。

 

トレーニングの参考にしてみてください。

 

 

もし、正しくできているか不安があるとか、フォームを見てほしいというご希望の方は、体験にお越しいただければ指導させていただきます。

 

 

体型や柔軟性によっても一人一人のフォームは違ってきます。

 

ご自分に合ったスクワットで、きれいなボディラインを手に入れてください!

 

 

 

関連記事

  1. 疲労回復・肩こり冷え性に効く「温冷交代浴」のやり方とは

  2. ヒレステーキを食べると、代謝が上がって脂肪が燃える理由

  3. ダイエットは脂肪を減らしても筋肉は減らさない!

  4. ダイエットの基本【食事編】②

  5. ランニング・ジョギングで脂肪燃焼が高まる時間帯ベスト2

  6. 二の腕引き締め・美しいデコルテになる腕立て伏せのやり方(初級…

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら

  1. 2022.09.16

    【40代女性】体重は同じなのにデニムのウエストがきつくな…

  2. 2022.09.08

    【運動療法】膝の痛みが消えました!【50代女性】

  3. 2022.09.02

    自宅でもできるヒップトレーニング

  4. 2022.08.19

    食べなければ痩せると思っていませんか?

  5. 2022.08.17

    岐阜モネの池に行きました【自転車ライド】