半田市 ダイエット 加圧トレーニング

半田市唯一!ウエスト&ヒップ専門パーソナルトレーニングジム

有酸素運動で一番痩せられるのはどの時間帯?

 


筋トレと併せて、ランニングなどの有酸素運動も体脂肪を減らす有効な方法です。

 

筋トレと有酸素運動の両方を行う場合は、初めに筋トレをしてその後に有酸素運動すると、体脂肪が効率よくエネルギーに使われて減少します。

 

では、有酸素運動だけをする場合1日のなかでどの時間帯がベストなのでしょうか?

 

これは、食事前。

 

とくに、朝食前が有酸素運動のベストなタイミングなのです。

 

なぜかというと、夜の食事から翌日の朝食までが一番空腹時間が長いはずです。血中に残った糖質を使い切ると、体脂肪をエネルギーに使えるので朝ごはん前のランニングなどの有酸素運動がおすすめです。

 

 

Aさんの例として

体重 55kg
ランニング時間 30分
速度 時速8km
距離 4,000 m
消費カロリー 240 kcal

 

体重55kgのAさんが時速8kmのスピードで30分走ると、240kcal消費できるという計算です。

 

体脂肪1キロのカロリーは72,000kcalあるので、体脂肪1キロ減らすには72,000÷240=30。

 

つまり、このケースでは30日間毎日30分ランニングして体脂肪が1キロ減る計算になります。

 

あくまで机上の計算ですので目安としてお考え下さい。

 

この計算を見てどう思われたでしょうか?

 

僕は有酸素運動だけでは、けっこう大変だなと感じました。

 

1日4キロ、1か月で120キロ走るのは、マラソン大会に出る目標があるとかランニングを趣味にしていないと厳しいかもしれませんね。

 

 

朝食前の有酸素運動が効果的ですが、それだけでは難しそうなので食事管理も併せて行うといいでしょう。

 

ダイエットは自分に合った、長く続けられる食事や運動を見つけるのが成功の決め手です。

 

完璧でなくても失敗しても大丈夫なので、いろいろとチャレンジしてみてください!

 

 

有酸素運動で一番痩せる時間帯まとめ

 

朝ごはん前が有酸素運動のベストタイミング

 

体脂肪1キロ減らすのに月間100km以上走らないといけない

 

ダイエットは食事管理も併用するのが成功のカギ

 

 

 

 

 

 

名古屋、半田で活躍するモデルさんに聞いて分かったこと、意外だったこと

 


こんにちは、
ボディ&スマイル半田店・代表トレーナーの日比です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、女性モデルの方とお話しする機会があったので、日ごろの体型管理はどのようにしているのか聞かせてもらいました。

写真撮影やイベントの司会など、人前に出るお仕事をされているので、プロとして体型管理には気を付けておられます。

 

細身のモデル体型をどのように維持しているのか、どのような秘訣があるのか興味があったのですが、聞いてみると基本的なことが多かったです。

でも、この基本的なことが続けられるかどうかが大きな違いになるのかと感じました。

 

まず、食事は食べ過ぎず腹8分目で、野菜から食べるベジファーストや夜の炭水化物は控えめ、甘いものは習慣にならないように気を付けて、ダークチョコレートなど少量で満足するそうです。

やはり摂取カロリーはオーバーしないように気を付けていますね。

 

運動は特別なトレーニングはしていないそうです。

車は使わず歩くことが多いと言ってました。普段、車に乗ることが多くて、歩くことが少ない方とは差が付くところですね。毎日の積み重ね(習慣)ですから。

趣味でヨガをされていて柔軟性は高いお体でした。姿勢が良くて柔らかい体は、血流やリンパの流れも良くて、内臓の働きもいいので代謝の高い痩せやすい体で理想的です。

 

たしかに、骨格が細いなどモデルとして恵まれている面はあると思います。それを維持、管理する意識は高くないと続けられないお仕事です。

今回はトレーニングの体験をしていただいたのですが、連絡のお返事もテキパキとしていて、やるべきことを後回しにしないというのも大事なことと気づきました。

 

一般の方はプロではないですが、家から出れば人目に触れるわけですから、お化粧と同じように姿勢や体型もキレイにしたいですね。

 

残念ながらお化粧のように体型は直ぐに変わるものではないですが、歯磨きのように続けて手入れをすることで体は変わっていきます。

 

サイズダウンのダイエットなら、摂取カロリー<消費カロリーが大事です。摂取カロリーをマイナスにすると痩せますが、減らしすぎると筋肉も痩せて代謝が低くなりリバウンドしたり、体型が崩れてしまいます。

キレイなボディラインを作るダイエットにはスマート(賢い)な食べ方と、適度な運動(主に筋力トレーニング)が必要です。

 

摂取カロリー(食事、間食)が多くて、消費カロリー(運動、ストレッチ、姿勢)が足りないと余ったカロリーは脂肪として蓄積されますので、基本的なところから見直してみてください。

 

具体的にどうしたらいいか分からなかったり、しっかりトレーニングで体を引き締めたいという方は、カウンセリング・体験トレーニングへお越しください。

1回のトレーニングでは変わりにくいですが、一番大事な意識が変われば体の変化に加速がつきます

 

情報はたくさん知っていても何もしないより、少しの知識でも正しく学んで行動できる人のほうがダイエットに限らず上手くいくでしょう。

 

楽して成果は得られませんが、正しく判断して行動すればダイエットも成功できます。

是非いい判断をして理想の体型を手に入れてください!

 

 

筋トレダイエットで一番大事なのは○○すること

 


こんにちは
ボディ&スマイル半田店トレーナーの日比です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットで一番大事なことは継続することです。

 

断食や厳しい糖質制限などムリをしても、一時は痩せても止めるとリバウンドしてしまうので気をつけてくださいね。

 

継続することができればそのうち歯磨きのように、考えなくてもできる習慣にすることができます。

 

前回の記事に続いて今回は、トレーニングを続けて体験できる変化や突き当りやすい壁について書いていきます。

 

 

トレーニング2か月ごろから体脂肪が減ってきたのが見た目にも分かってきます。

 

周りから「最近やせてきたね!」と言われるようになったとお客さんから報告を頂いています。

 

ただし条件として、継続した食事管理とちょっときついトレーニングができていないと達成できません。

 

 

トレーニング3か月になると体力がついてトレーニングも慣れ、扱う重量が増えてきて回数も伸びます。

 

早い人はお腹のクビレや腹筋のラインが見えてくるでしょう。

 

ウエストのクビレは腹筋運動だけではできません。

 

お腹の脂肪を燃やすにはスクワットが最適なので、セッション始めの時間帯にしっかりとやってもらいます。

 

 

スクワットをすると脚が太くなると心配したり、実際になったという方がいるかもしれません。

 

セット数などによっても違いますが、あなたの体重の80%までの重量でスクワットすれば太くなることはありません

 

太くなるのは、トレーニングで一時的に脚の筋肉に血液が集まった状態(パンプと言います)又は、正しいフォームができていないかもしれないのでトレーナーに見てもらうといいでしょう。

 

 

トレーニングが6ヶ月になると体型がシェイプアップされて見た目にだいぶ変わってきます。

 

自分では見えないので気にしていないかもしれませんが、後姿が引き締まっていると年齢よりも若く見られますよ。

 

6ヶ月継続するとどこかのタイミングで停滞期が来たり、逆に体重が増えることもあります。

 

これは、長年あなたの体が今までの体重を保っていたため戻ろうとする作用があるからです。(ホメオスタシスと言います)

 

この戻る作用に対処する方法を知らないと残念ながら元の体に戻ってしまいます。

 

この対処法はいくつかあって状況に応じてその都度に最適なものをお伝えしますが、一つだけ紹介しますと食事回数を増やすことで脂肪が付きにくい体にしていきます。

 

 

先が長いと大変に感じるかもしれませんが、1回1回の積み重ねがカラダ作りには必要です。

 

一人でトレーニングメニューを考えたり食事管理をするのはむつかしい人は、パーソナルトレーナーに頼ってみると速く目標とする体になれるでしょう。

 

考えているだけでは変わりませんから、何か行動してみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

 

 

1 2 3 5