膝の痛みの原因は膝ではなくお尻の場合も

ダイエットやボディメイクにも欠かせないトレーニングにスクワットがあります。

脚とお尻にある大きな筋肉を使うので代謝アップや、重量を軽く回数を20回程度と多めにすれば下半身の引き締め効果もあります。

ただ、中にはスクワットでしゃがむ動作の時に膝に痛みを感じるお客様がいて、今回トレーニング前に施術(筋膜リリースなど)をさせていただきました。

使用した道具は、マッサージガン・コアフォームローラー(トリガーポイント社)・テニスボールの3点です。

膝が痛いからと言って膝には問題ないこともあります。

今回は痛い方の膝と同じ側のお尻の筋肉に問題があったので、道具を順番に使ってほぐしていきます。

テニスボールを使ったマッサージは効果はありますが、刺激が強いので一番最後の出番です。

優しくソフトなほぐしから順番に筋肉のコリを解していくと、お尻の大きな筋肉も柔らかく解れていきます。

膝とお尻の殿筋は繋がっているので、お尻が凝ると膝にも痛みなどの影響が出るのです。

この後スクワットをしていただくと以前は痛かった動作も楽にしゃがむことができました。

このような体のケアと準備ができるジムだから、お客様もしっかりトレーニングができて体の変化も出せるわけです。

体を鍛える筋力トレーニングだけでなく、体をケアするマッサージやストレッチも重要です。

運動の前後や、一日の始めと終わりになどに取り入れて、痛みのない動きやすい体作りをしていきましょう!

関連記事

  1. 関節の痛み、花粉症、女性の健康にもターメリックが炎症を抑えて…

  2. 引締め、姿勢、膝痛など筋肉トレーニングでできること

  3. 膝が痛くてしゃがめない時のマッサージ・ストレッチのやり方

  4. 3日でひざ痛軽減!ひざの慢性痛を解消するスクワット方法

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら