BFRトレーニングと加圧トレーニングの違いとは?

こんにちは。

パーソナルトレーナー日比です。

 

 

成長ホルモンが通常より何倍も出るという

 

加圧トレーニングと同じようなベルトを巻いて行う

 

BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニング

 

というものがあります。

 

 

原理は同じなのですが少しやり方が違っています。

 

設定圧の違い

加圧トレーニングでは腕や脚の付け根にベルトを

 

200mmhg~300mmhgという圧を加えて巻きます。

 

このmmhgという単位は血圧測定のときに使うものと同じです。

 

 

自動で血圧を測定する機械に腕を入れて

 

スイッチ入れると腕が締め付けられますよね。

 

 

スイッチ入れてグワーンと締め付けて

 

最大になった時が約300mmhgという圧です。

 

 

一方BFRトレーニングでは、80mmhg~150mmhgと抑えた圧に設定します。

 

血圧計だと締め付けがだんだん緩くなって解除される手前が80mmhgほどでしょうか。

 

 

強く巻くとトレーニングは当然きついです。

 

それに点状出血という皮下出血のリスクや

 

血栓症のリスクも高くなります。

 

 

BFRトレーニングでは80mmhgという弱い圧でも

 

トレーニング効果は変わらないことが研究の結果分かっています。

 

 

 

BFRトレーニングは点状出血や血栓症のリスクを抑えながら成長ホルモンを出すには最適のトレーニングと言えます。

 

 

関連記事

  1. マスクをしてトレーニングしたら分かった3つのこと

  2. ヒップアップしながらダイエットできるブルガリアンスクワットの…

  3. 失敗しない、あなたのパーソナルトレーナーの選び方

  4. 初心者女性のトレーニングで一番大切なこと【安全第一】

  5. 名古屋からご夫婦でセミパーソナルトレーニングご参加いただきま…

  6. 体を引き締める、3つのスイングトレーニング

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら

  1. 2021.10.26

    卵は1日に何個まで食べても大丈夫ですか?

  2. 2021.10.21

    ミトコンドリアを増やすスルメを食べよう【代謝アップ】

  3. 2021.10.13

    朝食を食べて体脂肪を減らしたお客様

  4. 2021.09.21

    3日でひざ痛軽減!ひざの慢性痛を解消するスクワット方法

  5. 2021.08.23

    半田市のスパイスカレーHAJIKAMIハジカミの行き方