そのハンドジェル、保湿剤入ってますか? アルコール消毒の手荒れ・乾燥に注意

今年は手指の消毒に、アルコールを使う機会が増えましたね。

 

アルコール消毒には、保湿成分のグリセリンなどが入ったものを選びましょう。

 

 

11月に入って、ただでさえ乾燥する時期に、アルコール消毒をしていると手荒れの原因になってしまいます。

 

アルコール消毒液やハンドジェルには、保湿剤(グリセリン)が添加されたものがあるので、選んで乾燥対策をすることをおすすめします。

 

 

アルコール消毒に入っている保湿成分の確認方法

 ↓↓↓

 

 

これは容器ラベルと中身が一致していることが条件ですが、先ず表のラベルで「保湿」・「うるおい」・「湿潤」というキーワードがあれば保湿成分が配合されています。

裏のラベルでは、「成分」を確認してみましょう。

 

「グリセリン」を保湿成分に使うものが多いですが、他にも「ヒアルロン酸」・「アロエベラエキス」・「アラントイン」という成分が添加されているものがあります。

 

現在、店内で使用しているハンドジェル成分(ドラッグストアで購入)

 

残念ながらスーパーや商業施設では、詰め替えらがほとんどだから、中身は何が入っているか確認のしようがないでしょう。

 

 

ダイエット中の食材を買う時も、食品成分を確認することが大事です。

 

 

アルコール消毒は、グリセリン等が入って保湿できるものがおすすめ

 

日本の大手企業が製造しているものなら、手指消毒に使うものは保湿成分が入っています。

 

知らないメーカーや、手指用か分からないアルコールは、成分を見て保湿されるか確認してみて下さい。

 

お出かけの時は、ハンドクリームも携帯しておくと安心ですね。

 

 

※厚生労働省サイトより抜粋

 

手や指などのウイルス対策
①手洗い
手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせます。
手洗いの後、さらに消毒液を使用する必要はありません。

 

②アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)
手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。

<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。

 

(※) 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません

 

<注意事項>

※アルコールに過敏な方は使用を控えてください。
※引火性があります。空間噴霧は絶対にやめてください。

関連記事

  1. 2021.3月の予定【半田市パーソナルトレーニングジム】

  2. ウィルス対策【2019】

  3. O脚矯正・下半身痩せセミナー

  4. 8月を振り返って9月もトレーニングに励みましょう

  5. 営業一時休止のお知らせ【4/17~5/6】

  6. 6月の予約状況と大切なお知らせ

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら

  1. 2022.04.15

    トレーニングで汗をかくと痩せる!?

  2. 2022.03.11

    花粉症の漢方薬と正しい飲み方

  3. 2022.03.03

    失敗しないパーソナルトレーニングジムの選び方【半田市・知…

  4. 2022.01.03

    【2022燃】1日10g脂肪を燃焼すると、1年後どうなる…

  5. 2021.10.26

    卵は1日に何個まで食べても大丈夫ですか?