ヒレステーキを食べると、代謝が上がって脂肪が燃える理由

こんにちは。

パーソナルトレーナー日比です。

 

トレーニングは毎日しなくても、食事は毎日何かを食べていますので、如何に食事で代謝を上げられるかがダイエットにおいて重要なポイントです。

 

毎食ごとに食べると代謝が上がる食材は、肉や魚・卵などでタンパク質を十分に摂取することがダイエット・美ボディメイクの要になります。

 

 

 

 

食事をするとなぜ体が温かくなるのか?

 

食事をした後に体が温かくなるのは、食べたものが分解・吸収され一部が体熱になって消費されるからです。

 

この代謝の増加を食事誘発性熱産生(DIT: Diet Induced Thermogenesis)と言い、1日の消費カロリーの10%を占めています。

 

10%と聞くと少なく感じますが、基礎代謝は容易に上げられないので食事による代謝増加は見過ごせません。

 

 

タンパク質をよく噛んで食べる

 

タンパク質は炭水化物や脂質の約5倍の食事誘発性熱産生があります。

 

また、よく噛んで食べることも代謝を高めますので、低脂肪・高たんぱくのヒレ肉や鶏むね肉を食事に取り入れると体は引き締まっていきます。

 

卵なら生卵よりゆで卵にして噛むことを意識してみて下さい。

 

 

 

タンパク質は筋肉をはじめ、体を構成する重要な栄養素でもあります。

 

最近は女性も飲むようになったプロテインの語源は、ギリシャ語の「proteios」(第一となるもの)からも分かるように体にとって大切なものです。

 

体重1㎏あたり1グラム、女性で1日60グラムを目安にたんぱく質を食べて、引き締まったスリム体型を目指していきましょう。

 

 

関連記事

  1. 食後のデザート・お菓子を減らす方法【歯磨き+ガム】

  2. 丸いお尻をつくるスクワットは手の位置はどこがベスト?

  3. 疲労回復・肩こり冷え性に効く「温冷交代浴」のやり方とは

  4. ダイエットに○○は大敵です!

  5. チョコを食べながらスリム体型をキープするコツ3選

  6. 有酸素運動で一番痩せられるのはどの時間帯?

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら

  1. 2022.01.03

    【2022燃】1日10g脂肪を燃焼すると、1年後どうなる…

  2. 2021.10.26

    卵は1日に何個まで食べても大丈夫ですか?

  3. 2021.10.21

    ミトコンドリアを増やすスルメを食べよう【代謝アップ】

  4. 2021.10.13

    朝食を食べて体脂肪を減らしたお客様

  5. 2021.09.21

    3日でひざ痛軽減!ひざの慢性痛を解消するスクワット方法