膝の痛み解消になぜ脚の筋トレが必要なのか

つらいひざの痛みの原因は太ももの筋力低下が大部分を占めています。

脚の筋力が弱くなると、膝関節の隙間を維持する力が低下するので膝関節で脚の骨どうしが当たって痛みが起きます。

これを防いだり軽減するのがスクワットなどの脚の筋トレなのです。

 

足の筋肉が弱いと、膝への負担が増え、膝の関節や軟骨に不安定さを引き起こすことがあります。

また、足のトレーニングはバランスや姿勢を改善し、膝への負担を分散させる助けとなります。

痛みのある膝関節

特に重要なのは太ももの前部や後ろの筋肉、ハムストリングス、腓腹筋などを強化することです。

これらの筋肉が適切に強化されると、足の動きが安定し、膝にかかる負担が軽減されます。

足のトレーニングにはウォーキング、ランニング、サイクリング、スクワット、レッグプレスなどが含まれます。

 

また、脚だけでなく脚と関連するお尻の筋肉も同時に鍛えることも重要です。

関連記事

  1. 引締め、姿勢、膝痛など筋肉トレーニングでできること

  2. 膝が痛くてしゃがめない時のマッサージ・ストレッチのやり方

お問い合わせ

「お問い合わせ」

お問い合わせは下記の
フォームよりお気軽にどうぞ。
→お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
※トレーニング中、営業時間外はお電話に出られませんので
お問い合わせフォームのご利用が確実です。
電話番号:080-5154-5545

プロフィール

日比慎吾プロフィール

日比 慎悟(ひび しんご)
詳しいプロフィール

アクセス

<営業時間>
月曜日~土曜日
10:00~21:00
予約制(前日まで)
定休日:日曜日

 

アクセスマップはこちら